口コミ・レビュー

マッチングアプリ 口コミ・レビューの闇を検証する

  1. ホーム >
  2. 基礎知識 >
  3. マッチングアプリ型 知識 >
  4. 口コミ・レビュー >

マッチングアプリ 口コミ・レビューの闇を検証する

マッチングアプリのレビューについて、当サイト編集部が調査した結果を報告します。

レビューはお金で買える時代です。

2019年10月2日にNHKでテレビ放送された、クローズアップ現代「追跡!ネット通販 やらせレビュー」を見た方も多いかもしれませんが、レビューをそのまま信じてしまうのは大変危険です。

真面目に婚活・恋活をしている皆さんがやらせレビューに騙されないためにも、是非ともこの記事をよくお読みになっていただきたいと思います。

 

レビュー調査

当編集部では

2019.08.29

2019.12.23

の2回、22種類のマッチングアプリについて

【App Store】
・アプリジャンル別順位
・レビュー件数
・平均評価点

【Google Play】
・ダウンロード数
・レビュー件数
・平均評価点

上記の比較調査を行いました。

 

 

その結果、予想通りというべきか、「これはユーザーに是非知っておいて欲しい」という結果が出ています。

次の表は

第1回目調査:2019/08/29
第2回目調査:2019/12/23

この約4ヶ月の間に、App StoreとGoogle Playにおいて、22種のアプリのレビュー件数が何%増えたかを計算した表です。

件数はアプリの紹介ページに「○○○○件」と数字で表示されている件数です。

伸び率=(12/23のレビュー件数)÷(8/29のレビュー件数)

※レビュー件数に増減が無ければ100%

 

一つのアプリが伸び率23%(▲77%の意味)と大幅にレビュー件数が少なくなっているものがありますが間違いはありません。

レビューが削除されたか、何かの理由で減ったと思われます。

 

件数が急増する理由

第1回目調査時点のレビュー件数があまりにも少ないと、少量の投稿数で伸び率が大きく変動することもありますが、第1回目調査時に多数の件数があったアプリでも130%以上増えているものがあります。

これが胡散臭いのかというと必ずしもそういうわけではなく、レビュー件数はアプリの運営会社側で急増させることが可能です。

皆さんも経験があるかもしれませんが、時々アプリを使おうとすると突然「アプリの評価をお願いします」と、レビューを促すポップアップが開くことがあると思います。

あれはアプリの運営会社側が設定しています。

そのため、運営会社がユーザーからたくさんレビューをもらいたいと思えばポップアップが立ち上がるように設定が可能で、1回目調査後にそのように設定された可能性は否めないのです。

 

しかし、急増したレビュー件数と同時に、平均評価点数も急激にアップしていたらどうでしょうか?

どう考えても、急増したレビュー件数のうちの大半が「やらせレビューなのでは?」と疑いたくなってしますよね。

 

評価方法(レーティング)の変更

実はかなり怪しいアプリが有るのですが、件数の急増だけで「クロ」とは言い切れません。

それはApple側とGoogle側の評価点数の計算方法が変更された可能性があるからです。

2017年にはAppleがレーティング(評価点数の計算方法)の仕組みを変更し、アプリをアップデートした時にレーティングをリセットするかどうかをデベロッパー側が選択できるようにしています。

Googleにおいても、2019年5月にアプリのレーティング方式を変更する発表があり、変更が反映された結果をユーザーが確認できるようになったのは8月頃からです。

Googleが変更したのは次の通りです。

=======

(Google公式発表)

原文
Developers have asked us for their Google Play rating to better reflect recent feedback from users. Based on this, we’ve updated the way your rating is calculated to place greater significance on your most recent ratings. You can see how this change will affect your rating below. This will be visible to users on Google Play from August 2019.

=======

簡単に言えば、古いレビューの★数より新しいレビューの★数の方がより重要視されるようになったのです。

詳しい表記はありませんが、直近の一定期間の★数が評価点に影響を及ぼすようになったと思われます。

デベロッパーから「古いバージョンの低評価がいつまでも影響するのはおかしい」、「バグや修正点を改善してアップデートしたのに、なぜ過去の評価点が影響してしまうのか?」という意見が多数寄せられていたからと言われています。

レーティング方法の変更が反映され始めたのは8月頃ですから、これまで低い点数に悩まされていたアプリが、当編集部が1回目に調査した8月29日以降に一気にレビュー投稿のポップアップをユーザーに表示させた可能性は充分考えられます。

という言うことは8月以降にレビュー件数が急増しておらず、レビュー平均点も急上昇していないアプリはシロの可能性が高そうです。

但し、本当にどうしようもないアプリの場合は★1のような低評価が多くなるため、やらせで★★★★★を増やすことで平均点を押し上げているかもしれません。

その際、あまりにも★★★★★を増やし過ぎると★と★★★★★ばかりが突出して多くなってしまい怪しげな票数のバランスになるため、さすがの悪徳業者も★★★★★の投稿数には限界があると考えられます。

 

レビューの急増と評価点の関係

レビュー件数が急増したからと言ってクロである証拠はありませんのでアプリ名を公開するわけにはいきませんが、次の表を見ると限りなくクロに近いグレーと思ってしまうのは私だけでしょうか。

この表は先ほどお見せした表の内、Google Playにおける1回目調査と2回目調査の「レビュー件数伸び率」と「評価点数の増減」です。

アプリの並び順に傾向を持たせると推測されてしまいますので少しシャフルしてあります。

なんと、レビュー件数が4ヶ月の間に130%以上急増した4つのアプリの内、2つにおいて、レビュー点数がどちらも約+1.1も増加しているのです。

+1.1とは、例えば8/29時点で評価点3.0点のアプリが約4ヶ月後に4.1点(+1.1点)になったということです。

皆さんもご存知の通り、Google playは5.0点満点評価ですから、+1.1も増加したら異常事態です。

他のアプリを見ればわかりますが、+1.1になった2つのアプリの次に評価点の変動幅が大きかったアプリは+0.4、続いて+0.2ですから、+1.1になった2件がいかに異常な事なのかお分かりいただけると思います。

ちなみに、8/29調査後に増えたレビュー件数の全てが★★★★★だったとして計算しても+1.1にはならないことから、8月から「最新の評価点を重視する」ように仕様変更されたことが早速影響していることが確認できました。

大量に蓄積されてしまった過去の低評価が平均値に含まれなったのをいいことに、「今がチャンス」とばかりに、第1回目調査以降にやらせの高評価を連発させたアプリが有る可能性は充分にあります。

 

多くのレビューが削除されている

GooglePlayで評価点が急増した二つのアプリについて追加調査を行ったところ、第1回目の調査から第2回目の調査までの4ヶ月間に増えた計算上のレビュー件数と、実際にGoogle Playのレビューサイトに掲載されているレビュー件数に相違があることが判明しました。

例えばですが

第1回目調査時のレビュー件数1,000件(数字で1000件と表示されていた)

第2回目調査日のレビュー件数1,300件(数字で1300件と表示されている)

レビューの増減=+300件

とします。

そして、Google Playのレビューサイトに掲載されているレビューを最新の順に並べ替え、第1回目の調査時から第2回目の調査時までに増えたレビューを目視でカウントしたら、計算上の300件に対して、実際に掲載されている件数が全然足りないのです。

他のアプリも同じ調査をしたところ、計算上とほとんど変わらないアプリもありましたし、大幅に少なくなっているアプリも多数ありました(計算上より多く掲載されているアプリはありません)。

Google側によって不審なレビューや問題のあるレビュー、または通報があったレビューなど、レビューが削除されることは当たり前なのかもしれませんが、その数があまりにも大きく違っているところが結構あるのです。

根拠のない誹謗中傷が削除された可能性も否めませんが、怪しげな高評価も削除されている可能性もあります。

 

怪しい高評価レビュー

さらにもっと怪しいデータが判明しました。

GooglePlayのレビューサイトには★~★★★★★までの獲得票数が棒グラフで掲示されていますが、その棒グラフのPxcel数を数値化して計算したところ、点数が急増した2つのアプリのうち一つは全レビューの内の約75%が★★★★★、もう片方のアプリは約83%が★★★★★であることが判明しました。

それまで●点だったアプリがたった4ヶ月の内に+1.1も点数が上昇し、★★★★★のレビューが異常な割合を占めていたら誰だって疑いたくなってしまします。

ここでは2つのアプリを中心に述べましたが、当編集部が調査した結果では、俗に言う「出会い系アプリ」は総じてその傾向があります。

また、他の婚活情報サイトでおすすめランキング堂々第1位になっているようなアプリでも、怪しげなデータになっているものも確認できました。

 

ただし、あくまでもこの段階では怪しいというだけで、悪質な会社が「やらせレビュー」を何者かに書かせている証拠はありませんし、反対に書かせていないという証拠もないのです。

 

高評価レビューに一定の傾向があるアプリ

さらに、こんなケースも見受けられました。

あるアプリでは★★★★★の高評価レビューが何人も何人も連続して長文なのです。

こんな事ってあるでしょうか?

具体的に書くと問題があるため書きませんが、偶然3人~5人ならまだわかりますがそんなものではありません。

★の低評価レビューを書く人は文句の一つも言いたい人でしょうから、ダラダラと必要以上に長文を書くという気持ちも分かります。

しかし、★★★★★を付けた人はそれなりに満足しているのですから、「いいアプリです」で短文の人だっているはずです。

それが何行にも及ぶ長文のレビュワーが何人も何人も続いています。

親切丁寧に使い方やメリット・デメリットまで書いて★★★★★を付けてくれる人がいないわけではありませんが、それが異様なほどに連続しているのです。

 

逆に、短文ばかりがずらっと並び、一つも長文が無いというのも疑いたくなってしまいます。

数人に一人は少し長めに書いてくれる人っていますよね。

やらせが長文を複数回書くと、文章の癖や誤字が一致してバレるため、短くしたいのが本音でしょう。

しかし短文ばかりだと怪しいので長文を織り交ぜてくる可能性はあります。

一番怪しいのは長文のレビュワーが連続しすぎていることです。

 

では低評価が多いアプリの方が逆に信用できるのか?というと、それもどうでしょうか。

やらせレビューをやるような会社なら、ライバルアプリの点数を下げるために、低評価レビューを何者かに書かせているかもしれません。

 

マッチングアプリに多い低評価レビューを解説

マッチングアプリのレビューの中で、よくありがちな低評価レビューのパターンについて解説します。

ありがちな低評価レビュー

  1. いいねが全く来ない
  2. 有料登録したら急にいいね!が減った
  3. いいね!されたのに返信したらメッセージが来ない
  4. 有料会員になった途端、相手がすぐに退会するのはサクラだ
  5. サクラや業者が多い

アプリの不具合を除けば、ほぼこの5つで埋まっていると言うほど多いレビューです。

一つずつ解説します。

1.いいねが全く来ない

もうこれはどうしようもありません。

プロフ写真を自撮りをやめて他撮りにしてもらうか、プロに撮影してもらう。

プロフィールの上手な書き方を紹介しているサイトはたくさんありますから、まずはプロフィールを全部埋めて、少し勉強して書き換える。

会員自体が少ないからだと思ってるなら、一度異性の友人に無料登録してもらい、自分と同性の人気会員はどのくらいいいね!数がもらえているのか調べてもらうのもいいかもしれません。女性の場合は無料で男性のいいね!数が見られる場合も多いです。

ちなみに、あなたが無料会員であることが相手にバレているアプリもありますので、そういうアプリでは無料会員では「いいね!」される確率が大幅に下がっていることを覚えておきましょう。

 

有料登録したら急にいいね!が減った

これは当然と言えば当然です。

そもそも無料会員で異性を見つけようなどと思っているから腹が立つのだと思います。

ほとんどのアプリには
・今日の(本日の)ピックアップ○人
・本日のオススメ会員○人

というように、毎日アプリ側から数名~20名ほど紹介してくれる機能があります。

紹介された会員には無料でいいね!が送れるようになっていますので、普段ならいいね!しないような相手でも、無料なのでとりあえず送ってみる人が増えるわけです。

無料会員は運営会社にとっては1円の利益もありません。無料会員のためのボランティア活動ではないのですから、有料会員に誘導しようとするのは汚いことでも何でもなく、商売の常識です。

無料登録の時に来た「いいね!」はアプリ側がヤラセで送ってきたのではなく、「こうしていいね!が来る可能性があります」と教えるために、毎日のピックアップ会員にあなたを載せてくれたと考えたほうが良いでしょう。

 

「有料会員の更新期限が近づくといいね!が増える」というレビューも多いですがこれも同じことです。

毎日のピックアップ会員にあなたを載せてくれたのです。

利益を求める企業が少しでも会員を長く続けてもらう対策をとるのは当たり前のことです。

 

いいね!されたのに返信したらメッセージが来ない

このレビューを推察すると「無料会員の時に「いいね!」が来たから有料会員になって「いいね!」を返信したのに、その後全然メッセージが来ないのはどういうことか?お金を返してくれ!」と腹が立ってるのではないでしょうか。

相手は心に決めた運命の人だけに「いいね!」を送っているのではありません。

あなたが何人かの相手に「いいね!」を送っているように、相手も何人かに送っているのであって、あなたはその中の一人です。

そのため、5人送って5人マッチングしたら、その中から本当に気に入った人だけに返信しているのかもしれません。

何でもサクラと思い込んでいる人がいますが、サクラの可能性はゼロではないと思いますが、サクラがいなくてもこの現象が起きるのはごく当たり前のことだと思います。

 

有料会員になった途端、相手がすぐに退会するのはサクラだ

相手が退会したと表示されるのは二通りあって
・本当に退会した
・相手にブロックされた
場合です。

退会より、ブロックされた可能性の方が高いでしょう。

いずれにしても脈はなかったことになります。なぜなら本当にあなたを気に入ったなら退会しないからです。

仮に相手が先にいいね!をして来たとしても、相手は複数人マッチングしているかもしれません。その中で本命の人が決まったら、もうそこからメッセージをやり取りをするのは大変なので静かにあなたをブロックしたのかもしれません。

ブロックされない方法を勉強していきましょう。

 

サクラや業者が多い

サクラについては特集ページにて詳しく解説しています。

運営会社がサクラを使うことのデメリットは恐ろしいものがあります。

社外にサクラを頼もうが、社内でサクラを演出しようが、それに関わった人たちがリークしてしまうかもしれないのです。そんなリスクを冒してまでサクラを雇う価値があるのか疑問です。

もしサクラに関わった人がお金目当てで自分がサクラだったことを暴露すればもうそのアプリは終わりです。

また、サクラにはできることの限界があります。サクラは実際にデートまでしないのですから、デートを先延ばしにしたり、ぷっつりと音信が途絶えたりするのが一般的です。

しかしそんなことを続けているとユーザーに不信感を抱かせてしまい、結果的に退会になってしまえば元も子もありません。

何の根拠もなくサクラがいるなどと書き込むのはやめておきましょう。

 

口コミ・レビューまとめ

ここまでいろいろと書いてきましたが、結局は口コミ・レビューにはヤラセだろうが本物だろうが「証拠がない」のです。

実際にみなさんもレビューを投稿したことがあるでしょうし、私もしたことがあります。

ですから、レビューの中には本当のレビューが含まれているのは間違いありません。

 

しかし、今回の調査結果のようにかなり怪しげなレビューが存在することも確かです。

当サイトでは口コミ・レビューについては懐疑的なスタンスを取っています。

心から信用ができないのです。

口コミやレビューはお金で買える時代です。その為、当サイトではあまり口コミやレビューについて引用しない方針です。

引用するとすればそれなりに様々な角度からレビューの信憑性を検証した上で掲載するよう心がけています。

 

口コミやレビューがなくても、様々なデータを分析すれば良いアプリの判断は可能です。

レビューはあくまでも参考までに。

本物か偽物かを判断するのはあなた次第です。

 

 

-口コミ・レビュー